電話占いで的確な占いを行うコツとは?


手軽で便利な電話占い。しかし、利用方法を間違えると思い通りに利用することができない点もあります。そこで、今回、電話占いを利用するにあたり、的確に占ってもらうコツについてご紹介させて頂きたいと思います。

1回の通話時間、回数上限を決めておくこと

まず初めに時間や場所を問わずに利用することができるということで、癖になってしまいがちな電話占い。そのため、自分自身でいくつかの取り決めを行ったうえで利用することが重要です。
例えば、1回の通話時間ですが、電話占いの場合、どうしても、相談が長くなってしまう傾向があります。そのため、気付くと大変な支払額になっていると言ことも少なくありません。そのようなことを避けるためにも1回の通話時間を決めたうえで電話占いを利用することが大切です。電話をかける前にどのようなことを占って欲しいのか?また、どんなことが大きな悩みなのか?などメモに書いておくと的確に相談することが可能です。
回数上限においても同じです。ついつい、気になることや心配事があると頼ってしまう電話占い。そのため、事前に月に何回まで。などといった回数上限を定めておくと安心です。

予算や時間はあらかじめ伝えておくこと

電話占いの場合、占い師に初めに今回の予算や相談時間を伝えておくことも可能です。「そんなことを言っても大丈夫なの?」と思われるかもしれませんが大丈夫です。占い師の中には、事前に時間や予算を伝えてもらうことで占いやすいと感じている人もいるほどです。そのため、遠慮することなく事前に自分の希望を伝えておくことをおすすめします。

相談内容は必ずメモを取ること

電話占いの場合、ついつい話しに夢中になってしまい占いの後、どんなことを話していたのか大切なことを忘れてしまうことがあります。それでは、電話占いの意味がなくなってしまいます。そうならないためにも、電話占いの会話内容はメモを取る習慣を付けることが大切です。
可能であれば、録音しておくとより聞き逃すこともなく安心です。
電話占いのあと、メモを読み返すほか録音を聞きなおすことで冷静に占い結果を自分の中で整理することが可能になります。

1人の占い師に固有しないこと

電話占いの場合、どうしても、お気に入りの占い師ばかりを利用する人は少なくありません。もちろん、気が合う占い師で、いつも的確に占ってもらうことができる場合は、特に問題はありませんが、少しでも占い結果に疑問や不安を感じるのなら、別の占い師に占ってもらうといった方法も時には必要です。
1人の占い師の言葉を鵜呑みにするのではなく、大切な相談事であればあるほど、複数の占い師に占ってもらうということも大切です。
多少、費用は必要になるものの、他の占い師も利用するといったことも時には必要です。

電話占いに集中できる環境で利用すること

最後は電話占いを利用する環境です。
周りに人がいないこと、時間を気にすることがないように他に予定が入っていないこと、周りの音が気にならないことなど、電話占いに集中することができる環境の下、電話占いを利用することが大切です。
少しでも途中で邪魔が入ってしまうと、せっかくの電話占いが台無しです。深夜などLINEや電話の着信などがない時間帯は、特に集中することができ、おすすめです。

以上が電話占いで的確な占いを行うコツとなります。決して、安い料金ではない電話占い。そのため、より効果的にそして、自分に負担なく利用するために以上のコツを把握したうえで利用されることをおすすめします。そうすれば、きっと、効果的にそして、気分良く電話占いを利用することができると思います。是非、参考にしてみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*